本文へスキップ

神戸市灘区、HAT神戸灘の浜にある歯科医院です。

お問い合わせTEL.078-802-8877

〒657-0855 兵庫県神戸市灘区摩耶海岸通2-3-3-103

自家歯牙移植Autotransplantation of Teeth

●自家歯牙移植

自家歯牙移植

同一口腔内において、歯をある場所から他の場所へ移し替える処置です。

具体的には、すでに治療しても治らない歯を抜歯し、その部分に親知らずなど、特に必要のない歯を埋め込み、骨と結合させる治療法です。
ドナー歯の抜歯の際に、歯根膜という細胞組織を傷つけないようにすることがポイントとなります。

 

●自家歯牙移植治療の流れ

自家歯牙移植治療の流れ①

検査および術前計画

まずレントゲン等で十分な検査を行い、移植可能かどうかを調べます。

可能であれば患者さんに説明し同意を得た上で、自家歯牙移植を選択します。

左画像では、左下一番奥にある親知らずを、2つ手前にある治療不可能な状態にある第一大臼歯へ移植します。

矢印

自家歯牙移植治療の流れ②

治療開始

はじめに治療不可能な第一大臼歯を抜歯します。
次に移植する親知らず(ドナー歯)を、歯根膜を傷つけないように注意深く抜歯し、歯牙保存液に浸漬しておきます。

最後にドナー歯の歯根形態に適合するように、移植する穴を整形し、保存しておいた親知らずを移植します。

矢印

自家歯牙移植治療の流れ③

固定期間

骨や歯茎と結合するまでの間、ワイヤーと接着剤を使った固定、あるいは縫合糸を使った固定を行い、最後にサージカルパックという材料で保護します。
パックの除去は4,5日後、抜糸は1週間後、固定の除去は1ヶ月~2ヶ月後に行います。

※また約2週間後にドナー歯の神経を抜く必要があります。(麻酔は不要)

矢印

自家歯牙移植治療の流れ④

治療終了および経過観察

固定をはずすまでの間(約1ヶ月~2ヶ月間)は、食事の際なるべく反対側の歯で噛んでもらうようにします。
最終的には3ヶ月~6ヶ月で治療を終了し、安定した状態になります。

その後は定期検診を行い、異常がないかどうか経過観察期間に入ります。

サイトマップ  ▶ プライバシーポリシー

   | 松浦歯科医院ホーム | 治療方針 | 院内設備 | 治療案内 | 診療案内 | アクセス | 求人 | リンク |
   | 自費料金表 | Q&A掲示板 | ブログ | 携帯用サイト | スマートフォン用サイト | マイクリニック |
   | 丁寧な説明 | 正確な診断 | 痛くない麻酔 | 予防歯科 | 小児歯科 | 口腔外科 | インプラント |
   | 自家歯牙移植 | 審美歯科 | レーザー治療 | CAD/CAM冠 |サイトマップ | プライバシーポリシー |

Matsuura Dental Clinic松浦歯科医院

〒657-0855
兵庫県神戸市灘区摩耶海岸2-3-3-103
TEL 078-802-8877