本文へスキップ

神戸市灘区、HAT神戸灘の浜にある歯科医院です。

お問い合わせTEL.078-802-8877

〒657-0855 兵庫県神戸市灘区摩耶海岸通2-3-3-103

予防歯科 Preventive Dentistry

●定期検診とリコール

予防歯科

その重要性

虫歯や歯周病は、細菌が感染して起こる病気です。
それぞれのメカニズムを理解して定期的にケアを行う事が重要となります。
予防処置をしっかり受けて、大切なご自分の歯を虫歯や歯周病から守りましょう。

むし歯や歯周病予防の為のブラッシング指導、クリーニング、 フッ素塗布など個人に合った予防プログラムを提案いたします。

●定期検診の流れ

定期検診

1,虫歯と歯周病のチェック

まず患者さんからのヒアリングを行ったのちに、口腔内診査を行い、虫歯と歯周病の有無を検査いたします。

必要であれば、患者さんとの同意の元、レントゲン検査や口腔内カメラによる検査を行う場合もあります。

矢印

スケーリング

2、スケーリング(歯石の除去)

歯ブラシでは取れなくなってしまった歯石等が沈着している場合、ご希望する患者さんに対してスケーリング(歯石の除去)を施行し、歯周病の予防を行います。

矢印

PMTC(クリーニング)

3、PMTC(クリーニング)

さらに歯の着色や変色が気になる方は、専用の道具と薬剤を使用して、歯の表面にこびりついた着色等の汚れを取り除いていきます。

●PMTCに使用する道具と実際

プロフィーフレックスおよびペースト 各種チップ
プロフィーフレックスおよびペースト 各種チップ

PMTC(歯のクリーニング)

定期検診のメリット検診で虫歯やその他の問題が見たかった患者さんには治療方法を説明し、後日患者さんとの同意のもと治療を開始していきます。検診で見つかった虫歯は自覚症状がなく初期~中期のものが多いので、治療が簡単に済むことが多いのも定期検診のメリットといえます。

歯周病菌 ミニ知識

歯周病菌

歯周病の罹患率

厚生労働省による平成23年歯科疾患実態調査では、5歳以上で永久歯の歯肉に問題のある人の割合は74.2%に達しています。

そしてこの歯周病は歯周病菌の増殖で起こります。
歯周病菌は1種類?
歯周病菌は1種類ではなく、ポルフィロモナス・ジンジバリス、トレポネーマ・デンティコーラ、タンネレラ・フォーサイセンシス等の、普通は誰もがお口の中に持っている「常在菌」のうち、歯周病を引き起こすグループを総称したものです。

ここに挙げた3種類を「レッド・コンプレックス」と呼び、特に警戒しています。
歯周病菌は空気が嫌い?
一概には言えません。歯周病菌は、酸素が生育を阻害する文字通りの嫌気性菌に分類されるのですが、歯肉と歯の境目あたりにいるアグレガチバクター・アクチノミセテムコミタンスは通性嫌気性菌といい、空気に触れても生育できます。

ただし歯周ポケットの中にいて歯周病を悪化させる前述の「レッド・コンプレックス」や、女性ホルモンが発育を促進させるプレボテーラ・インターメディアは酸素が嫌いですので、ブラッシング等で新鮮な空気に触れさせることが、歯周病予防に役立ちます。
歯周病菌はどうやって増えるの?感染するの?
最初の感染は乳幼児期の食器の共有や口移しに始まるとの説が有力です。ただ、免疫機能や他の常在菌とのバランスにより増殖できない状態が、いわば健常時といえるのです。

ですからブラッシングが行き届かない場合や喫煙、噛み合わせの異常等の環境因子と、年齢、糖尿病等の生体因子によりバランスが崩れると一気に歯周病菌が増殖します。何も問題がないと感じても、日頃の口腔清掃と歯科医院での検診が重要といわれるのは、このような理由によるのです。


歯周病菌とトリコモナスを位相差顕微鏡で観察した状態


サイトマップ  ▶ プライバシーポリシー

   | 松浦歯科医院ホーム | 治療方針 | 院内設備 | 治療案内 | 診療案内 | アクセス | 求人 | リンク |
   | 自費料金表 | Q&A掲示板 | ブログ | 携帯用サイト | スマートフォン用サイト | マイクリニック |
   | 丁寧な説明 | 正確な診断 | 痛くない麻酔 | 予防歯科 | 小児歯科 | 口腔外科 | インプラント |
   | 自家歯牙移植 | 審美歯科 | レーザー治療 | CAD/CAM冠 |サイトマップ | プライバシーポリシー |

Matsuura Dental Clinic松浦歯科医院

〒657-0855
兵庫県神戸市灘区摩耶海岸2-3-3-103
TEL 078-802-8877