本文へスキップ

神戸市灘区、HAT神戸にある松浦歯科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-802-8877

〒657-0855 兵庫県神戸市灘区摩耶海岸通2-3-3-103

口腔外科Oral Surgery

口腔外科

口腔外科処置

その必要性

「削る量を最小限にし、できるだけ外科的侵襲を伴わない処置をする。」 この考え方を「Minimal Intervention」といい患者様、歯科医にとっては双方の願いでもあります。

しかしながら外科的治療を施さなければ完治しない病変も少なからず存在し、時と場合によっては「思い切った決断」を必要とする場合もあります。

口腔外科の種類

ピエゾサージェリー

主な治療内容

  • 抜歯(歯周病、虫歯、親知らず、歯牙破折など)
  • 矯正抜歯(便宜抜歯)
  • 埋伏歯の摘出
  • 骨隆起削除
  • 歯の移植(自家歯牙移植)
  • 歯の再植(意図的再植)
  • 消炎処置(切開・排膿)
  • 歯根嚢胞の摘出(外科的歯内療法)
  • 歯根端切除術(外科的歯内療法)
  • 歯周外科処置(フラップオペ、ポケット掻爬術、歯肉切除術など)
  • インプラント(人工歯根)

親知らずの抜歯

親知らず1親知らず2

親知らずは必ず抜かなくてはいけないのか?

親知らずが抜歯の適応となるおもなケースは図1のような水平埋伏歯の腫れと図2のように生えている虫歯です。親知らずがふつうの歯と同じようにまっすぐに生えてるケースや完全に骨の中に埋伏してるケースは抜歯する必要はありません。

しかし図1:歯肉が歯冠の一部を覆ってるケースは感染の危険性が高く、隣の健全歯や歯周組織に悪影響を及ぼすことが多いため抜歯したほうが良い場合があります。

また図2:隣の歯に倒れ込んでいる親知らずなどは食片圧入が多く、隣の歯に虫歯ができやすいためこれも抜歯適応のケースといえるでしょう。


●親知らず抜歯の実際の術式

親知らず3
親知らず4
上図の抜歯をした際のX線画像
親知らず5

根尖病巣

歯根嚢胞1 歯根嚢胞2

歯内療法か?外科的療法か?

病理組織的には病変に上皮があれば歯根嚢胞(外科的療法必要)、上皮がなく繊維と血管だけの場合は歯根肉芽腫(歯内療法で治癒可能)と呼ばれますが、実際の所レントゲン(CTを含む)で判断するのは困難です。
臨床の現場ではまず歯内療法のみを選択しますが、治癒しない場合は外科的療法(嚢胞摘出&歯根端切除術)に移行するといった流れになることが多いです。

●嚢胞摘出&歯根端切除術の術式

嚢胞摘出&歯根端切除術1

●嚢胞摘出&歯根端切除術の実際の術式

CT画像

嚢胞摘出&歯根端切除術2
嚢胞摘出&歯根端切除術3
※以前は人工骨の填入をおこなっておりましたが、最近では感染の危険性があるため、あまり人工骨の填入はおこなっておりません。

嚢胞摘出&歯根端切除術
嚢胞摘出と歯根端切除術を終えた右側上顎中切歯部

matsuura dental clinic松浦歯科医院

〒657-0855
兵庫県神戸市灘区摩耶海岸通2-3-3-103
TEL 078-802-8877
FAX 078-802-8877